シアリスは個人輸入でも買えます

個人輸入は安上がりだが偽造品に注意しよう


個人輸入の注意点

シアリスを始めとするED治療薬は、個人輸入で購入可能です。ネットで「シアリス」「個人輸入」などで検索すると数多くのサイトがヒットします。日本ではシアリスは医師の処方箋がなければ購入できませんが、海外から輸入する分には違法にはなりません。海外の販売サイトを利用することになりますが、言葉の問題がありますから、個人輸入では代行業者に依頼するとスムーズです。近年では薄毛の治療薬や化粧品などを個人で輸入する人が増えており、代行サービスも充実しています。ただし、こういった業者でシアリスを購入するには個人使用に限ります。売ってもいけませんし、他人に譲渡してもいけません。また、購入量には一定の制限があるため、あまり多くの分量を注文しないようにしましょう。個人輸入は医師に処方箋を発行してもらって購入するよりも安くあがるので便利です。

リスクも考えておこう

個人輸入は確かにクリニックに行って処方箋を出してもらうよりも安く済みますが、安いから良いとばかりも言っていられません。というのも、シアリスだけでなくED治療薬には偽造品が非常に多いからです。インターネットの個人輸入代行業者から買った製品の60%が偽造品だったというデータもあります。偽造品は効かないどころか健康被害を起こすリスクもあります。既往症や併用禁忌薬があるかどうかでシアリスを服用できないケースもありますが、こういった判断は医師でなければ不可能です。できれば最初だけでもクリニックで処方してもらうほうが良いでしょう。

ジェネリック品もある?

シアリスは国際特許が満了していないので、本来的にはジェネリック医薬品は存在しないはずですが、インドには何種類もジェネリック医薬品が販売されています。これはインドの国内法の整備が追いついていないという状況が影響しています。インドでは2005年に特許法が改正されていますが、それ以前は国際特許で守られているはずの薬剤のジェネリック医薬品が製造販売されていました。すでに製造されているジェネリック医薬品については引き続き販売可能という状態です。そのため、国際特許が満了していない医薬品のジェネリックが数多く存在しています。タダリス、タダシップ、タダリフトなどの製品が知られています。非常に安く入手できますが、リスクが高いので注意しましょう。海外製シアリスのジェネリック医薬品があたかも正規品のように出回っている状況です。