シアリスの禁忌

シアリスは硝酸剤との併用が禁忌である


医師に相談しよう

シアリスは副作用も少なく、多くの人が服用できるED治療薬です。効果は劇的ではありませんが、その分穏やかというのが特徴です。現在病気にかかっている人でも服用できる可能性があります。風邪などの軽度の病気なら使用には制限はないと考えて良いでしょう。肝臓や腎臓などの悪い人や、血液、陰茎などに病気を持っている人は、シアリスの使用の際には専門の医師に良く相談しておきましょう。ED治療薬は個人輸入でも入手可能ですが、最初はクリニックで医師に相談して正しい用法や用量を知っておくことが推奨されています。

併用禁忌の薬がある

シアリスとの併用が禁忌とされているのは、狭心症などの心臓の病気でニトログリセリンなどで用いられる硝酸剤です。もし誤って併用してしまったときに重大な副作用が現れる場合もあります。バイアグラでは、日本で個人輸入した人が心臓に疾患を抱えており、死亡事故を起こしたことがあります。シアリスもバイアグラと同様に血圧を下げる作用があるので、硝酸剤を使用している場合には絶対にシアリスの使用は禁止です。こういった飲み合わせが禁止されているものを併用禁忌薬と呼んでいます。硝酸剤は血圧を低下させる作用を持ち、シアリスも血圧を下げて陰茎に血液の流れを促進される作用があるため、この2つの作用が掛け合わさると通常の効果以上に急激に血圧が低下することになります。頭がくらっとしたり、めまいがすることもありますし、失神する可能性もあります。硝酸剤は、経口薬として口から摂取する以外にもスプレーや貼薬がありますが、どれであってもシアリスとの併用は禁忌です。

アデムパム錠も併用禁忌

シアリスの併用禁忌とされている薬のほとんどは硝酸剤です。それ以外に、肺高血圧症の薬であるアデムパムは併用禁忌で、併用すると劇的な血圧低下を引き起こす危険があります。また、既往症によってもシアリスが処方できないケースがあるので注意しましょう。たとえば3ヶ月以内に心筋梗塞にかかったという場合や、6ヶ月以内の脳梗塞などです。心筋梗塞や脳梗塞、脳出血はEDと大きな関わりがあります。こういった場合にはシアリスを自己責任で服用するのは非常に危険です。現在は完治していても、既往症によっては服用できないケースがあります。自分で勝手に判断するのではなく、クリニックなどに行って医師の診察を受けてから使うようにしましょう。