シアリスの効果時間は?

シアリスは日本で販売されているED治療薬では最も効果時間が長い


シアリスの作用

ED治療薬として新しいシアリスですが、作用の仕方は従来のバイアグラやレビトラなどのED治療薬と変わりません。血管の拡張を促す環状グアノシン一リン酸を壊す働きを持つPDE5という酵素を阻害するという作用です。環状グアノシン一リン酸は男性器の勃起に大きく関わります。男性は性的な刺激を受けても、血液が充分に流れないと陰茎は性交できる硬さになりません。

効果時間が長い

シアリスはバイアグラやレビトラの次に登場したED治療薬で、2つの薬の弱点を補う形で開発されています。特に重要なのは勃起の効果時間が長いという点です。バイアグラは性行為の1時間から2時間程度前に服用するのが最も良いと言われていますが、効果時間は5時間から6時間ほどです。即効性はありますが、食事のタイミングに左右されやすいというデメリットがあります。レビトラはバイアグラよりも効果時間が長く、10mgで5時間から6時間、20mgで約10時間程度です。標準的な食事をする分には効果に変わりがないという点もバイアグラに比較して改良されているところです。シアリスは第3のED治療薬として登場した薬で、従来の2つの治療薬よりも飛躍的に効果時間は長くなっています。10mgで24時間から30時間ほど、20mgでは30時間以上、最も長くて36時間ほどという治験結果が出ています。36時間というのは非常に長い薬効で、金曜の夜に服用すると日曜の昼まで効果が続くことになります。シアリスはバイアグラやレビトラとまったく違う化学構造をしており、完全に分解されるまでに時間がかかるので血液中に滞留している時間が長いのが特徴です。

効き目はマイルド

シアリスは効果時間が長いというメリットがありますが、従来薬に比較して効き目が現れるのに多少の時間がかかるというデメリットがあります。じわじわと効いてくる薬です。即効性という点では2つの従来製品に劣ると言われています。ただ、持続時間が長いのは大きなメリットでしょう。効果の持続時間が短いと、服用してすぐに性行為に及ばなければなりません。勃起や射精には精神的なファクターが大きいので、プレッシャーになりにくいと言えます。ゆっくり効いてくるので、たとえばパートナーに知られたくないという場合にも役立ちます。効果はゆっくりと現れるので、シアリスは性行為を行う3時間くらい前に服用すると良いでしょう。