シアリスと飲酒の影響

シアリスは適度な飲酒なら影響はない


基本的には影響なしと考えて良い

シアリスは、他のED治療薬に比較して飲酒の影響を受けにくいというメリットがあり、使用上の制限があまりない薬です。効き目が穏やかというのがシアリスの特徴で、ゆるやかに効いていき、薬効が長続きします。シアリス以外のED治療薬は飲酒の影響を受けやすく、飲酒によって効果が減弱していく傾向があります。そのため、バイアグラなどを利用するとき、性交渉の前では飲酒はしないほうが良いとされています。お酒にはリラックス効果がありますし、また人間関係を豊かにするというメリットがあります。パートナーと一緒に食事を楽しみ、お酒も飲めばセックスへの期待感も高まりますが、ED治療薬への悪影響が懸念されるところです。この点でシアリスは有能と言えるでしょう。専門家もシアリスには固定的な使用者が多いと報告しています。

飲酒とEDの関係

飲酒はEDの発症に関わる面があります。飲酒そのものはEDの発症の原因とはされていませんが、飲酒によって勃起しにくくなることは多くの男性が経験していることでしょう。加齢や喫煙、高血圧症、糖尿病などはEDリスクファクターとされており、肝臓への障害も2次的にEDを発症されることが確認されています。飲酒量が多い生活を続けていると、肝臓が疲弊してアルコール性肝機能障害を引き起こします。男性ホルモンは勃起に大きく関わる物質ですが、その合成には肝臓が大切な役割を果たしています。飲酒によって肝臓機能が低下するとEDの原因となります。

過度に飲まないこと

シアリスの臨床実験によると、飲酒つまりエタノールの血中濃度が上がっても、体内でのシアリスの成分濃度は悪影響を受けないことが分かっています。ただ、高容量の飲酒ではめまいや低血圧などの副作用が高い頻度で発生することも報告されていて、製薬会社がシアリスに添付している文書でも、シアリスの効果への飲酒の影響は少ないが、過度な飲酒は勃起力を低下させるので注意が必要とされています。シアリスの作用は飲酒によって薬理的に阻害されることはありませんが、過度の飲酒によるEDそのものへの直接的な悪影響が、シアリスの作用を活かしきれない状況を発生させるリスクがあります。飲酒は適度であればパートナーと親密になり、楽しい時間を提供してくれるものです。適量であればシアリスの効果の減弱もありません。個人差もありますので、自分にとっての「適量」を見極めて使用するようにしましょう。