シアリスと降圧剤は併用できません

シアリスと降圧剤は血圧を下げすぎることがある


シアリスとの併用禁忌

薬には併用が禁忌とされているものが多くあります。たとえば神経痛や腰痛の薬であるトラムセットは睡眠薬と併用すると痙攣や昏睡などを引き起こす可能性があるため、禁忌とされています。シアリスにも併用禁忌薬があり、代表的なものが降圧剤です。シアリスは血管の拡張作用があるので血圧を下げる作用があります。降圧剤を併用すると相互に作用して血圧が下がりすぎるリスクがあります。そのため、特にアルファ遮断薬と呼ばれる降圧剤との併用は禁じられています。高血圧症にかかっていて、降圧剤を服用している人は、医師に相談して正しくシアリスを使いましょう。自己判断は非常に危険です。

降圧剤の働き

降圧剤は血管の収縮を防ぐ作用を持っているものが多くあります。交感神経にある伝達物質が受容体に作用することによって血管が収縮して血圧を上げますが、この受容体の作用が大きすぎるときに高血圧症の症状が発生します。特にアルファ受容体はその作用が大きいため、高血圧症ではアルファ遮断薬を使って血圧を下げていきます。このタイプの薬は交感神経の働きを抑えて血管を拡張させて血圧を下げていきます。シアリスはED治療薬ですが、主に血管を拡張してペニスへの血液の流入をうながす薬です。シアリスとアルファ遮断薬を併用すると血圧の急激な低下を起こすことがあり、めまいや頭痛などの症状が出ることがあり、最悪では失神する可能性があります。

医師の診断に従う

とはいっても、降圧剤を服用していれば即使用禁止というわけではなく、利用できるかは個人差があります。高血圧の治療で降圧剤を使用していても、ED治療薬は使用できます。同じ血圧低下の効果が出るため、服用に注意が必要ですが、医師の診断を受けて指示通りに服用する分には問題ありません。極度の高血圧の場合には処方できないケースがあります。ED治療薬は個人輸入によっても入手できますが、可能ならEDの専門クリニックに診察に行って医師から処方されるものを服用するようにしましょう。充分な説明があれば簡単に防げることが多くあるため、医師の説明を受けておくメリットは高いです。個人輸入は簡単ですし、クリニックに行くのは面倒と考える人もいますが、最初はしっかりと医師の話を聞いて、安全な利用を心がけましょう。